上尾に対し風俗アナウンサー

Dlは基礎的体系の人気嬢のために必要な生産財需要。雑誌で上尾名産のDzは便益品・奪イ多品の生産のための生産手段とともに必需品生産のための生産手段をも含んでいる(2節4項)。だからDz>Oであり、基礎的生産物とはすべての財貨の生産に直接もしくは間接に使用される財であることを考えれば、Dlの大きさはDzの大きさに依存している(ちょうどレオンチェフ体系における生産量が最終需要の大きさに依存して決まるように)。したがって生産量二所与の想定を支持しうるか否かは、Dzの大きさを所与とみなしうるか否かという問題に帰着する。風俗 上尾っていうのがDzは消費需要に由来するものと新投資にかかわるものからなっているが、「生産が日々変わらないままに続けられるような体系(f商品の生産』序文)を『商品の生産』は問題にしているから、後者はさしあたり無視して、消費需要に由来する部分についてのみ考えよう(5節参照)。この点に関して全身リップはデリヘル古典派風俗者と同じように考えるであろう。すなわちDzは所得の諸階級間への分配様式に依存する。そしてこの分配様式は短期について考えればほぽ一定であると考えてよかろう。上尾ならば(ここで「短期」というのは、2節3項でも述べておいたようにマーシャルの意味での「短期」ではなく、ケインズのばあいと同じく、歴史的時間経過の一小区間という意味である。)この点に関連して新古典派風俗は次のように全身リップを批判するであろう。需給量は単に分配様式にのみ依存するのではなく相対価格水準にも依存する、と。これに対して、ガレニャーニがある論文のなかで行なっている次の反批判はおそらく全身リップの答でもあろう。たしかに相対価格の変動は需給量の変動をもたらす。だがその効果が考慮に値するほど大きいときには、消費者の選好体系そのものの不可逆的な変化がもたらされている。(たとえば戦後日本の自動車産業や家電産業についての状況を考えてみればよい。ここでいう上尾かどうかは)そしてこのような不可逆的変化が新古典派分析の圏外にあることは明らかである。(2)商品の生産』へのいま一つの批判はこれとは反対に、生産量=所与の想定を是認したうえで、分配率が変動するというアイデア(7-10)式はこれと矛盾する、というものである。

最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー